9月13日‐16日 日本分析化学会第65年会で、講演・発表しました。

9月13日‐16日に北海道大学で開催される「日本分析化学会第65年会」で、ストロンチウムの計測法・定量法にかかわる研究成果を発表いたしました。

http://conference.wdc-jp.com/jsac/nenkai/65/

14日:ポスター発表、15日:口頭発表、

16日:特別シンポジウム講演(難分析核種の迅速計測法)

年会に 事前参加登録している方は要旨を閲覧いただけます。
http://conference.wdc-jp.com/jsac/nenkai/65/program/contents/abstract.html

講演プログラム

若手講演ポスター P会場
第1日  9月14日(水)
Y1156   9/14   15:00~16:00
表面電離型質量分析計を用いる同位体希釈-トータルエバポレーション法による
極微量ストロンチウムの精密定量法の開発
○伊藤 千尋1 ・ 宮崎 隆2 ・ 若木 重行2 ・ 鈴木 勝彦2 ・ 高貝 慶隆1,3
福島大理工1 ・ JAMSTEC2 ・ 福島大環境放射能研3

第2日  9月15日(木)
K2006   9/15   10:30~10:45   K会場
スプリット流路を利用したオンライン固相抽出ICP-MSにおける回収率同時計測法
の開発と放射性ストロンチウム90分析への応用
○古川 真1,2,3 ・ 高貝 慶隆3,4
パーキンエルマー1 ・ 東大院農2 ・ 福島大理工3 ・ 福島大環境放射能研4

第3日  9月16日(金)
JS3001   9/16   09:00~09:45   J会場   【特別シンポジウム講演】
福島第一原発の汚染水対策における分析化学の挑戦
~90Srの迅速計測と要素技術の開発~
○高貝 慶隆1,2 ・ 古川 真1,3
福島大理工1 ・ 福島大環境放射能研2 ・ パーキンエルマージャパン3