協力機関

実施体制について

今回のフィージビリティ・スタディ(以下、「FS」という。)では以下の実施体制で取り組みます。

実施体制

~FSで目指すもの~

下記1、2に関する体制強化と枠組み作り

1.Sr-90 の即応的計測の開発
2.持続緩徐的な人材創出および伸展的教育基盤体制の構築

~私たちの最終的なゴール~

私たちはFSでの実現可能性試験を踏まえて、さらにプログラムを改善していきます。以下のことを達成するために、努力してまいります。

・福島第一原発(1F)の Sr-90 の迅速分析に貢献。
・1Fで課題となっている試料に対応。
・地域から人材を持続的に生み出す教育システムの構築。
・今後30年間を担う分析者育てる。
・地域と社会の正しい理解と判断力を育てる。
・廃炉分析技術を 民間・市民の測定活動に転用。