福島県原子力センターで学生教育プログラム(試料調整)の試験的実施を行いました

 

平成26年11月28日㈬、福島原子力センターにおいて、学生教育プログラム(試料調整)の試験的実施を行いました。参加者は、教員2名、学生9名(学部生6名,高専生3名)でした。ご協力くださいました福島県原子力センターの方々に、厚く御礼申し上げます。福島大学が提案したプログラムは,多機関が学生の教育に参画する伸展型教育プログラムを特徴としています。

DSC_9523-light  DSC_9565-light  DSC_0210-light  DSC_0183-light 
DSC_9570 DSC_9539

 

【概要と目的】

「学生を対象とする人材育成プログラム」として,県職員による検査機関ならではの実際の教材を使用して,学生を対象とする人材教育プログラムの試行的実施を行いました。本採択課題の特徴である『計測』において,そのサンプリングや前処理,データの不確かさは極めて重要です。普段,知識として理解している高専生・大学生・大学院生であっても,その実際の分析業務に携わる方たちの苦労と実際の試料から分かるサンプリングの重要性,さらには,実際の放射能分析にあたる最前線の現場を見たことはありません。今回,県の研究者ががどのようにサンプリングし,どのようにしてデータを出すのか,さらには,データのばらつきに対してどのような対処をしているのかを学びました。また,試験的に教育プログラムを組立て・実施するにあたり,以下5項目について重点をおいてプログラム構築をしました。

  1. 高専生,大学4年生を対象とした包括的な人材育成プログラムの実施。
  2.  多機関と連携して実施する学生教育プログラムの実施。
  3. 福島高専生と福島大学との放射能分析教育の連携において,試験的実施可能性と効果を検証。
  4. 県職員(研究員)による学生への教育効果が,学内での教育効果に比べてどのような効果が生じるのかの検証。
  5. 学生が放射能測定の現場を体験し,サンプリングの重要性と試料調製への理解を深めることを目的とし,そのプログラムの達成度・習熟度・難易度等を検証。

【内容】

13:00に福島市にある原子力センターに集合しました。福島大学の高貝准教授より,事業説明と本採択課題の説明,そして,今回の教育プログラムの位置づけが説明されました。その後,2班に分かれて福島支所(方木田)と笹木野分析所(笹木野)にわかれて交互に行き来しながら,講習と実地見学を行いました。笹木野分析所では,所長よりセンターの概要,ならびに,試料運搬からゲルマニウム半導体検出器で分析されるまでの分析工程の説明,ならびに,コンタミネーションを防ぐための工夫が解説されました。その一方で,福島県原子力センター福島支所では,α線,β線測定のためのサンプリング,試料仕分け,試料前処理の講習・実地見学をしました。その中でも個人誤差の大きさやコンタミネーションの防止,記録の大切さなど詳細における注意点をレクチャーして頂きました。そして海水・食品・土壌などの試料処理に関する講習・見学を行いました。最終的に,レポート・アンケートを記入して, 実施担当者らにおける協議・検証作業の後,散会となりました。