10月17日、10月19日 1F、2Fの視察を実施しました

10月17日8名、10月19日20名の教職員及び学生が、1F2Fの視察を実施しました。

長期にわたる廃炉作業では,直接・間接的に廃炉支援者の養成が重要な課題になっています。多様な分野の英知を結集するだけではなく,新たな科学・技術分野の発展なしには廃炉作業を的確に進展させることは困難です。廃炉作業を安全に進展させ,安全な社会を創造するためにも地元大学として英知を結集し,廃炉作業を支えていくことも重要な使命になっています。こうした観点から廃炉の現場や廃炉作業の実情を視察し,廃炉支援の課題を理解していただくことを目的として,この視察事業を展開しています。