2/26-3/1 PITTCON2018@フロリダで教育プログラムおよび研究成果発表を行いました。

2月26日-3月1日、Pittcon(The Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy)に大学院生3名、教員1名が参加し、ポスター発表を行ってきました。また、先端の分析機器の実機に触れ、海外研究機関の学生の研究成果を直接聴講することができ、国内発表との違いを体感することができました。

以下、ポスタータイトルです。

C. Ito, T. Miyazaki, S. Wakaki, K. suzhiki, Y. Takagai“Thermal Ionization Mass Spectrometric Quantification of Radioactive Strontium-90 Using Isotope Dilution-Total Evaporation Method”

H. Ogata, M. Furukawa, Y. Takagai, “Simultaneous Quantitative Analysis of Raoactive Strontium and Radioactive Iodine by Cascade Type ICP-MS in Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant”

M. Nagasaku, W. Hinze, Y. Takagai, “One-Pot Synthesis of High Concentration of Silver Nanoparticles in Surfactant Medium”