Archive for 6月, 2016

0

6月25日 福島民報に記事が掲載されました。

福島県環境創造センターで行われた教育プログラム(7月24日実施)についての記事が、25日付け福島民報6面に掲載されました。

16625福島民報(6面記事)

0

6月24日 サンプリング・試料調整(教育プログラム@環境創造センター)を実施

6月24日 福島県三春町にある環境創造センターにおいて教育プログラム(サンプリング・試料調整版)を実施しました。

参加者は本学大学院生2名と学類生5名、コロラド州立大学からの留学生6名でした。

環境放射能分析施設を見学し、試料採取から公表までの環境放射能モニタリングの過程を解説していただきました。

160624_a 160624_b 160624_c 160624_d

福島県環境創造センターで行われた教育プログラム(7月24日実施)についての記事が、25日付け福島民報6面に掲載されました。

16625福島民報(6面記事)

0

6月23日 生体試料分析・モニタリング(教育プログラム@県水産試験場)を実施

6月23日 いわき市の福島県水産試験場にて、教育プログラム(生体試料分析・モニタリング)を行いました。

本学からは大学院生2名、学類生9名が参加しました。また、コロラド州立大学(米)から、短期留学生6名が参加しました。

福島県における資源管理実例および原発事故後の資源状況と管理策、福島県沿岸における環境放射能モニタリングについて説明を受けました。

20160623_b 20160623_c 20160623_a

0

5月31日‐6月3日 染色体分析の共同実験(教育プログラム@福島大学)を行いました。

5月31日‐6月3日、コロラド州立大学環境放射線保健科学学部准教授の加藤宝光先生をお招きして、放射線の影響を検出するための染色体分析の共同実験を行いました。

院生1人、4年生4人が参加しました。

160602_a 160602_b 160602_c

 

0

6月1日 放射線の生物影響について講演会を開催しました。

6月1日、コロラド州立大学環境放射線保健科学学部の加藤宝光先生をお招きし、「低線量放射線の生物影響」と題し、講義棟M-22で、講演会を開催しました。

放射線による発がんのメカニズムの説明、低線量放射線でおこる生物影響、遺伝子変異が引き起こす放射線感受性など、低線量放射線の生物影響について解説していただきました。

50余名が聴講しました。

20160601_a 20160601_e 20160601_d 20160601_c