Archive for 8月, 2017

0

8月24日-30日海外演習(教育プログラム@ハンフォード)を実施

8月24日-30日、学類生3名がアメリカでの海外演習を実施しました。

この海外演習は、廃炉や放射線、放射性物質の研究をやってみたいと思う者並びにそのような研究室への配属を希望し、先端的な研究を実施したいと考えている者のなかから、日頃から学業に勤しみ成績優秀である者に対して、海外の先端研究見学の機会を与えるために、実施しました。このプログラムは、福島高専の別の採択事業との共同実施という形で行われ、8月23日に電力中央研究所の小山氏、24日にキュリオン社の安部田氏より事前講習を受けて出発しました。そして、ハンフォードサイトの現状、キュリオン社において放射性物質の一つであるトリチウムの除去設備の見学、カリフォルニア州立大学バークレー校において放射線計測研究の見学などを行いました。

この海外演習で、廃炉関連の研究人材の確保のため、成績優秀者のなかで廃炉関連の研究を希望する者を選抜し、先端研究を実施した結果、研究室配属においてもほとんどの学生が関連の研究室に配属されました。

   

0

8月18日 福島県立医科大学サイクロトロン見学

8月18日、本学学生9名、研究員1名及び教員2名が福島県立医科大学の先端臨床研究センターにおいて、サイクロトロンなどの放射線を利用した医療用機器を見学しました。

放射線取扱主任者試験を受験する学生たちは、医大教員による事前の概要説明の受講後に実物を見学することにより、理解を深めることができました。

  

 

 

0

8月3日 IRIDシンポジウム2017inいわきに参加

8月3日、いわき産業創造館(LATOV)において、「燃料デブリ取り出しに挑む」と題して開催された「IRIDシンポジウム2017 inいわき」に大学院生1名が参加し、研究成果発表(パネル発表)を行いました。

タイトルは下記のとおりです。

・伊藤千尋、宮崎隆、若木重行、鈴木勝彦、高貝慶隆「表面電離型質量分析計を用いる同位体希釈-トータルエバポレーション法による極微量ストロンチウムの精密定量法の開発」