Archive for 10月, 2017

0

10月25日福島第一原子力発電所 構内視察

10月25日(水)教員1名、研究員3名、大学院生6名、学類生4名で福島第一原子力発電所の視察を行いました。

廃炉人材育成の基本的情報理解として、事故現場である東京電力福島第一原子力発電所の現場視察は重要な課題です。本プログラムでは東京電力と連携し、廃炉に関する教育研究をしている学生、教職員を対象に現場視察を実施しています。廃炉作業の現場を視察し、現場の厳しさを痛感するとともに、参加者全員が、廃炉をするために何が自分でできるかを考える契機になりました。今回は、分析化学を専門とする学生らが福島第一原子力発電所の分析ラボを訪問し、見学を実施しました。

  

0

10月18日ピペットセミナー(教育プログラム@福島大学)を開催しました

10月18日(水)ザルトリウス・ジャパン株式会社様にご協力いただき、福島大学においてピペットセミナーを開催しました。学類生及び大学院生等総勢26名が参加し、ピペットの原理や正しい使用方法、ピペッティングテクニックなどを学ぶことができました。

  

 

0

10月10日「基礎実験」で放射線に関する講義を行いました

10月10日(火)に共生システム理工学類の1年生必須科目「基礎実験」において、約200名に対して「放射線について考える〜実験で学んでほしいこと〜」と題して、実験に先駆けた事前講習を行いました。基本的な「実験の意義、学生実験を通して学ぶこと」に関する学習を通して、実験の際の注意点Sr-90密封線源とGM管を使用した演示実験によって「放射線防護の3原則」を学びつつ、グラフの作成方法、繰り返し精度などを説明しました。

1年生の多くがSr-90線源から発せられたβ線をGM管によって音として認識しました。大多数の前での演示実験ではあったがインパクトがあり、基本的な計測誤差やグラフの作成などに大いに役立ちました。