3月7日 次世代イニシアティブ廃炉技術カンファレンス(NDEC-2)で、本学の学生が研究奨励賞・最優秀ポスター部門賞を受賞しました。

3月7日、東京工業大学大岡山キャンパスでNDEC-2が開催されました。

本学からは大学院生1名、4年生2名の学生が参加し、廃止措置研究・人材育成等強化プログラムに採択された他の6機関の研究者との意見交換をするとともに、研究成果発表を行いました。

大学院1年生の伊藤千尋さんが、「表面電離型質量分析計を用いる同位体希釈‐トータルエバポレーション法による微量ストロンチウムの精密定量法の開発」と題したポスター発表において、核種分析に関する研究部門で研究奨励賞で表彰され、さらに最優秀ポスター部門賞で表彰されました。

海洋研究開発機構の先生方をはじめ、ご指導・ご協力いただきました皆様に、深く感謝申し上げます。