5月26日-27日 分析化学討論会(@山口大学)で研究成果発表しました

5月26日-27日、山口大学常盤キャンパス(宇部市)において開催された、第78回分析化学討論会に研究員1名が参加し、研究成果発表(一般講演)を行いました。

タイトルは、下記のとおりです。

・佐藤常寿、高貝慶隆「アルギン酸ゲルを利用するトリチウム水の移動挙動と濃度低減」

なお、この研究は、分析化学討論会配布の冊子「展望とトピックス」(分析化学の最近の成果の中から、身近な社会との関りが特に深いと考えられるものを選んで分かりやすく解説したもの)に掲載されました。(10ページ目)

掲載された原稿(こちらから、ご覧になれます)