5月27日〜28日 第77回分析化学討論会において、本学の学生が研究成果発表を行いました

当研究室からは、研究員1名、大学院生2名、4年生1名が参加し、放射線計測に関する研究発表(一般講演1件,ポスター1件)を行いました。多くの研究者と意見交換等を行い、大変貴重な経験となりました。

・尾形洋昭,古川真,高貝慶隆「スプリット流路を利用するカスケード型ICP-MS法による放射性ストロンチウムと放射性ヨウ素の同時定量分析」

・Ayala Alejandro, Yoshitaka Takagai「On-line solid-phase extraction for sequential determination of strontium and nickel by microwave plasma atomic emission spectrometry」