7月5日・12日 放射線科学の特別講演を行いました

7月5日・12日の2日間にわたり、「放射線科学」の特別講演として日本原子力研究開発機構の植頭康裕氏をお招きして、放射線の管理測定技術と法令に関する講演をしていただきました。

5日は、αシンチ、GM、NaI、ポケット線量計、スミヤふき取り、半面マスク(ヨウ素カートリッジ)装着を実習しながら、自ら問題を作って解き、12日は室内で採取したダスト(ラドン含む)を用いて、吸入被ばく評価、天然放射性物質、放射平衡等の実習を行いました。

約30名の受講生は、「放射線取扱主任者試験」を受験するためのステップとすることができました。