8月2日 福島第一原子力発電所を視察しました

8月2日(木)、教員1名、職員1名、学生12名及びコロラド州立大学学生5名 合計19名が福島第一原子力発電所の視察を行いました。廃炉作業を行っている現場を視察することにより、マスメディアからは想像できない事故の過酷さに驚くと同時に、廃炉に向けて多くの作業が実施されていることを目の当たりにし、原子力及び福島県について考える契機となりました。